忍者ブログ
話題
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦が29日、さいたまスーパーアリーナで行われました。

亀田選手は同級3位なんですね。世の中に出てきた時は10代でしたが、23歳になりました。

王者・内藤大助(35歳宮田)を3―0判定で下しました。今回は初の日本人との対戦だったんですよね。

次男は、07年10月に内藤に判定で敗れています。WBAライトフライ級に続き、日本のジム所属選手で史上7人目の2階級制覇を達成し、内藤は6度目の防衛に失敗しました。

第一声は「オヤジ、どんなもんじゃい!」。リングサイドでは目に涙をためた父・史郎氏(44)の姿が。「1本目はオヤジにあげた。2本目はオレを生んでくれたお母さんにささげたい」

持ち味を生かした。向こうは振り回してくるから打ち終わりを狙った」。

07年10月、反則騒動で停止処分を受けた弟・大毅ライセンスの1年間停止処分を受け、史郎氏もセコンドライセンスの無期限停止。

「あれですべてが狂った」。「試合1カ月前まで大毅の敵をとらないかん、いろいろ言ってる人間を見返さないかん」「勝ちたい、その気持ちでいっぱい」。

亀田選手は幼稚園のころはいじめに遭っていたそうですね。その話はどこかで聴いたことがあります。「試合前はいろいろ言ったけど、素直にありがとうと言いたい」。

亀田選手は受け答えは昔よりも謙虚になり、敬語も使っていましたね。以前はパフォーマンスではなく、本当にタメ口を使うほどの人だったみたいですね。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 芸能人の話題 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]